読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身34歳、食費1万円生活

電車に乗れないため、会社のある銀座の近くに引っ越し、家賃貧乏に。まずは100万円貯金を目指します(`_´)ゞ

意識が高いのはいつから?

最近にぎわっていた、『意識高い系の人たち』の話題。

私は残念ながら大変意識低い(働く=生きるためにお金が必要なだけー!)人間です。
しかし、最近、会社であった合宿はまさかの『意識高い系に仲間入りしよう』という意図があったらしい合宿でした。

どうやって会社を、個人を高めるか。
自分が何事を成す、何者になるか。

正直行く前からずる休みを画策するほどの憂鬱さでした。(意識低い!)

強制されて『意識高い系』になるわけないよね、そんな簡単に。
そういうのって割と小さいころから傾向あるもんだと思うし。

私の保育園からのお友達、Kちゃんは、大きくなったら青山学院行ってから声優になる!と小さいころから言っていた。(今思うと青学というのが若干中途半端にも感じるが)
なぜそんなにも夢と希望にあふれることができるのか私にはわからなかったが、今で言う意識高い系の彼女は色々挑戦していき、声優ではないが劇団員になっていた。
結局、わかりやすい『成功』はせずに劇団はやめてしまったようではあったが。

でも、私の彼女の違いってなんだろうと考えると…
歳も同じ、住んでる場所も近く、身長も同じくらい、学力も同じくらい。
違うことといえば、家は彼女のうちのほうが全然お金持ちだったことと、教育方針・家庭環境だろう。

当然、彼女がどんな教育を受けていたかははっきりはわからなかったが、たぶん彼女はある程度勉強を自主的にやっていたと思う。

一方、私はとにかくテストで良い点を取るため(良い大学に行くため)だけの厳しい教育を受けていた。
今でも父のことは軽蔑するが、頭の弱い子とは付き合ってはいけないとまで言われていた。
こう書くと、父は意識が高い人間のようにも見えるかもしれないが、ただ権力や名誉に弱いだけの人間だった。

とにかく勉強をしなくてはならないのだということだけが常に目の前にあって、自分が何になりたいとかそういうことは考えたことがなかったように思う。
環境だけが悪いとは言わないけれど、小さいころから意識が低かったのだけは確か。

ほかの意識が高い人はいつから意識が高いのか。
Kちゃんみたいに小さいころから高い人間もいれば、人との出会いで変わっていく人もいるのかもしれない。

ただ、私はとても意識が高い(能力もずば抜けて高い)人間のもとに就職した時でさえ、変わらなかった。


そんな私からすると、『意識が高い系』という人々について、もしそれが実が伴わない虚構だとしてもそう振る舞えることが素直に羨ましい。
その恰好を続けることで、実を伴うこともあると思うからだ。
強いフリをすると、本当に強くなっていく、みたいなね。

そういうわけで、私は意識高いのは勝手にやってくれて構わないから、周りを巻き込まないでください派。
(もう合宿いやだ!)