読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身34歳、食費1万円生活

電車に乗れないため、会社のある銀座の近くに引っ越し、家賃貧乏に。まずは100万円貯金を目指します(`_´)ゞ

さびついた資格だけど

部屋の掃除をしていたら、履歴書が出てきました。
資格の欄に、

漢字検定2級
英語検定2級
レタリング検定2級
簿記検定2級
MOS
WEBデザイナー検定上級

と、たいしたことのない資格がならびます。
上の4つはすべて中学生の時に取ったものですが、
簿記検は高校生、MOSWEBデザイナー検定は社会人になってから取りました。
(中学で取ったものも全部2級なのにはわけがあり、履歴書に書けるのが2級からだと知っていたため、チャレンジしていました。ほんと、漢検と英検はギリギリ合格だった憶えがあります。)

資格が仕事自体に役立つというのはわたしの場合は殆どありませんが、
転職には役立ちます。

他の人と天秤にかけられて、能力も年収も同じくらいかも…と思われた時に資格が多いほうを取る。それか、外見の良さ。
有名な実験がありましたが(美男美女とそうじゃない人で面接の突破率を比べる実験)やはり人は、見た目が良いほうが良い思いをしやすいものです。
そこに自信がないなら自分の職域をこえた資格は案外役に立つものだと、最近思います。
資格とはある種の印籠みたいなものなので、特に肩書や権力に弱い人は、資格を重んじるのですね。

そういえば、人材派遣・就職支援の会社にいた友人が言っていましたが、
転職したいという人にヒアリングする際、一番丁寧に訊くのは「一番最初の会社」のことだそうです。
社会人としての基本形(個性)が形成されるのが一番最初の会社だからだそうです。

となると、新卒時に大変な思いをして、より良い会社に入ろうとするのは理にかなってるのかもしれません。

といっても、私は大学を中退しており、厳しい就職活動をしたことがありません。
そして、中退だと必ず理由をきかれます。
気にしていないので、素直に両親の自己破産と答えますが、かなりの高確率で謝られますネ。


履歴書を使う機会、もうなければいいなと思う反面、
今の会社にずっと居たいと心から思えない自分がいるのが辛いところです( ´・ω・`)
お給金…。

 

↓応援していただけると嬉しいです!( ●´8`●)

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ